ホーム > 診療科のご案内 > 外科

診療科

外科(呼吸器・消化器)

消化器および呼吸器を主とした外科疾患に対して積極的に内視鏡による手術治療を行います。

手術について

鼡径ヘルニア : UPP(ULTRAPRO plug)法、Direct Kugel法などを行います。
胆石症(胆嚢胆石、総胆管結石)、虫垂炎、腸閉塞 : 完全腹腔鏡手術が標準です。
痔核 : 結紮切除術やALTAを用いた硬化療法を行っております。
直腸肛門脱 : 人工靭帯を用いた肛門輪縫縮術を行っております。
胃がん、大腸がん : 腹腔鏡を用いて手術を行います。
肺がん、気胸、膿胸 : 胸腔鏡を用いて手術を行います。
下肢静脈瘤 : 静脈抜去術や硬化療法を行います。

当科にておもに対象となる症状

  • 便秘で困っている
  • 胃のむかつき、または右の上腹部や背部が重たい
  • 右下腹部がいたくて歩けない
  • 腹部の手術を受けたことがあり、おなか全体が張って痛い
  • 鼡径部がふくれる
  • 肛門がしまらずに粘膜が脱出する
  • 肛門から出血がある
  • 胸のなかに膿みが溜まり熱が出る
  • 肺がさけて息が苦しい
  • 足の血管が浮き上がり蛇行している
  • がんがあり手術が必要と診断された

担当医

医師名 経歴
鈴木 秀明(医長) 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医
森本 真光(医長) 日本外科学会専門医、日本がん治療学会認定医
湯汲 俊悟(医長) 日本外科学会専門医・指導医、日本呼吸器外科学会専門医、
日本がん治療学会認定医

その他(取組など)

  • 内視鏡外科など低侵襲で体にやさしい治療を取り入れる努力をしています。
  • 愛媛大学や四国がんセンターと連携し、手術治療を行います。
ページ上部へ