ホーム > 診療科のご案内 > 整形外科

診療科

整形外科

骨・関節・筋腱・靭帯・脊椎・脊髄・末梢神経などの診断と治療
当院は日本整形外科学会の認定研修施設として認められています。

対象疾患・症状

関節疾患・脊椎疾患・骨代謝疾患・慢性関節リウマチ・外傷(骨折、脱臼)・骨軟部腫瘍・スポーツ傷害・小児整形・筋神経疾患

主な症状

  • 上肢、下肢、背骨が変形している。
  • 関節がはずれている。
  • 関節が腫れている。
  • 関節がグラグラしている。
  • 骨が折れている。
  • 手・足が痛い、しびれる、麻痺している。
  • 上肢、下肢の運動障害がある。
  • 上肢・下肢に腫瘍がある。
  • 肩がこる。首・腰が痛い。  など

担当医

医師名 経歴
宮本 良治(医長) 日本整形外科学会認定専門医、日本体育協会公認スポーツドクター
曽我部 弘人(医師) 日本整形外科学会認定専門医
大野 尚徳(医師) 日本整形外科学会認定専門医及び運動器リハビリテーション医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会認定リウマチ医

その他(取組など)

手術治療は、人工関節置換術 (股、膝関節)、股関節形成術(寛骨臼回転骨切りや臼蓋形成術など)、膝関節鏡視下手術(靭帯再建術や半月板手術)などを主に行っています。特に人工股関節置換術は、奥村秀雄先生の御指導のもと高度な治療技術を維持するための研鑚努力を続けています。

ページ上部へ