ホーム > 診療科のご案内 > 看護部教育

看護部

看護部教育

看護は、生命、生活、そして人生そのものに深く関わる専門職であることに強い責任感と誇りをもち、生涯学び続ける自律した看護職員を育成します。

1.教育目的

  • 1. 生命の尊厳と人権の尊重を最優先できる看護職員の育成。
  • 2. 高度な知識・技術・判断に基づいた看護実践が行える看護職員の育成。
  • 3. 感性豊かで、倫理観の高い看護職員の育成。
  

2.教育目標

  • 1. 変化する医療ニーズに対応できる看護実践能力を備えた看護職員を育成します。
  • 2. 高い倫理観と豊かな人間性を備え、地域に貢献出来る看護職員を育成します。
    • 1) 経験の意味づけを重ね、看護の意味や価値について考察できる看護職員を育成します。
    • 2) 地域住民のニーズを知り、地域住民の健康増進に貢献出来る看護職員を育成します。
    • 3) チーム医療の一員として活躍出来る看護職員を育成します。
    • 4) 患者様の目線に立ち思いやりと優しさ、誠意をもって対応できる看護職員を育成します。
  • 3.主体的に学び、自己のキャリア開発及び後輩の育成ができる看護職員を育成します。
    • 1) 常に「あるべき姿」に照準を合わせ、自己研鑽できる看護職員を育成します。
    • 2) 確かな知識・技術を教授できる看護職員を育成します。
    • 3) 共に学び、共に育つ環境で看護職員を育成します。

3.教育方法の基本的な考え方

  • 1. 看護職に必要な臨床実践能力は現場での看護実践を通して修得します(OJT)。
  • 2. 集合教育(Off-JT)は学習の体系化や確認、次の学習課題に発展していく動機付を目的とします。
  • 3. 組織の発展と自己のキャリアアップが合致するよう、各研修会や学会を活用します。
  

4.看護部教育の概要

  • 1. 経年別プログラム
    • 1) 新人教育
      新人教育は看護実践の基礎を形成するものとして重要な意義を有する事を理解し教授します。そして新人看護師が看護のすばらしさを実感し、看護に誇りが持てるように支援します。
    • 2) 高度な看護実践能力を修得するため、看護職員能力開発プログラム「ACTYナース」を基本にした当院の教育プラグラムに添って、段階的に学びを深めます。
    • 3) 実務ⅠからⅤまでの各段階の目標を達成し、次のステップへ進みます。
    • 4) 実務Ⅳが終了すれば将来の進む方向を自ら選択し、必要な知識を獲得していきます。
    • 5) 実務Ⅴとして6年目以上の看護師を対象に、新人教育担当者の支援ができる看護師、看護倫理を深め看護実践に活かせる看護師を育成します。
    • 6) 中途採用者および育休等の長期休暇明けの職員については、各部署の看護師長・副看護師長の評価および自己評価から適格な(実務)段階を決定します。
  • 2. 全職員プログラム
    看護職員としての教養を高め、専門的知識・技術・態度の向上を図ります。年度毎に教育内容について検討し、院内教育の効果を高めていきます。
  • 3.役割・役職別プログラム
    看護部内での役割を自覚しそれぞれに課せられた業務を確実に実践できるように教育します。

教育委員会研修コース、経験に応じた段階ごとの教育

新人研修年間スケジュール

ページ上部へ