ホーム > 診療科のご案内 > 4階病棟

看護部

4階病棟

4階病棟風景

4階病棟は、病床数60床(一般病床40床、結核ユニット20床)の呼吸器内科病棟です。主に、肺炎や喘息、慢性呼吸不全、間質性肺炎に罹患している患者様が多く、労作時呼吸困難や咳、痰などの症状の緩和に対する看護と酸素療法や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)による呼吸器管理を行っています。また、在宅酸素療法(HOT)、在宅NPPV療法を導入して退院される患者様の社会復帰への支援を行っています。

結核ユニットは、感染症法2類感染症である結核を発症し、勧告入院が必要な患者様が入院しているため、フロア全体を陰圧空調管理しています。そのため、制限された環境での療養を要するため精神的支援を行いながらも、結核についての正しい知識を持って抗結核薬の内服が確実に継続できるように院内DOTS(直接観察下短期化学療法)を行っています。また、地域保健所と連携をとり治療継続への支援を行っています。

私たちは、患者様個々の身体症状にあった自己管理方法を理解し、酸素吸入や呼吸器管理をしながらも患者様自身がその人らしく生活が営めることを看護の目標として、患者様とその御家族の方を対象に日常生活指導と援助を行っています。

ページ上部へ