ホーム > 診療科のご案内 > 1階病棟

看護部

1階病棟

1F風景1F風景

1階病棟では、神経難病、特にALS(筋萎縮性側索硬化症)や多系統萎縮症、パーキンソン病などのレスパイト入院を中心に受け入れを行っています。レスパイト入院とは介護休暇目的入院で、入院期間中御家族には体を休めて頂き、長期に渡る在宅療養を支える体制です。その間、患者様の日常生活援助を中心に看護をさせて頂いています。退院前には在宅スタッフとの合同カンファレンスを行っており、レスパイト入院を繰り返すうちに患者様、御家族、在宅療養を支えるスタッフとの人間関係も構築され,患者様の個別性に応じた援助がチームで提供できるようになっています。また、入院期間中に愛媛医療センターの誇れる自然や季節感を感じて頂けるようイベントを企画したりしています。難病を抱える患者様の苦労や悩みは多く、少しでも寄り添うことができるよう、日々頑張っています。

ページ上部へ