ホーム > 診療科のご案内 > 看護部概要

看護部

看護部概要

看護部長挨拶

看護部長 金中 礼子

愛媛医療センターは、四国地区の呼吸器疾患の基幹施設および循環器疾患・重症心身障害児(者)の専門医療施設として位置づけられています。『地域に貢献できる専門性の高い人間性豊かな看護を実践する』という看護部の理念の元“患者さんに愛を、看護に心を”をモットーに患者さん、人への良質な看護の実践と、職員一人ひとりの看護実践能力の向上に努めています。私たちが患者さんの傍にいて患者さんを解り患者さんの味方であると保証することそして、地域の皆様に選ばれる病院でありたいと考えています。

看護部長 金中 礼子

看護部の理念

地域に貢献できる

この理念は、当院看護職者一人ひとりの「愛媛医療センターでどのような看護をしたいか」の考えを集約したものです。地域とは、主には近隣の地域、当院の診療圏。
専門性とは、政策医療ネットワーク下で四国地区の呼吸器基幹施設として、循環器専門施設として、重症心身障害児医療の専門施設として、消化器、骨運動器などの疾患、また当院に来院して下さるすべての患者様を対象とし、専門職としての知識・技術・態度を磨き、患者様お一人おひとりの個別性、QOLを尊重した患者様中心の看護。
人間性豊かとは、豊かな感性、優しさ、思いやりを深め、自己研鑽・生涯学習に努め、看護倫理・看護観・人間観を磨き、もてなしの心のしなやかさを目指します。
看護とは、「患者様に愛を、看護に心を」の精神に基づく、患者の生活の質を高める援助行為です。

看護部の目標

  • 1. 私たちは「患者様に愛を、看護に心を」をモットーに患者様一人ひとりを大切にした安心と満足していただける看護が提供できるよう努力します。
  • 2. 私たちは患者様の人権を尊重し、生活の質が高まるよう療養環境を整えます。
  • 3. 私たちは当院が担う政策医療分野において看護の専門性を発揮し、政策医療に貢献します。
  • 4. 私たちは常に自己研鑽を図り、自己の持てる看護能力(知・技・心)を高め、専門性の高いエビデンスに基づいた看護が提供できるよう努力します。
  • 5. 私たちは医療チームの一員として多職種と協働し、地域医療・病診連携に貢献します。
  • 6. 私たちは各自が持つ資格・強みを活かし、看護が果たす役割拡大を目指します。
  • 7. 私たちは常に問題意識を持って業務改善、経営改善に取り組み、看護領域から病院経営に参画します。

平成28年度看護部運営方針

  • 1. 安定した病院運営の確立
    • 1) 患者確保と病床の効率的運用
      • (1)入院患者確保と外来患者確保
      • (2)地域医療連携、退院調整を充実させる
      • (3)看護師長が主体となる退院調整を定着させ、病床活用を図る
    • 2) 安定した施設基準の確保
      • (1)入院基本料の一般・障害10対1を取得するための看護師の適正配置
      • (2)急性期看護補助加算25対1を取得するための看護職員の適正配置
      • (3)療養介護サービスの充実(2.5対1)
      • (4)平成28年4月の診療報酬改定を正確に把握する
    • 3) 松山市二次救急輪番実施のための各体制を確立する
      • (1)救急輪番日の看護師・看護師長の勤務体制の充実
      • (2)救急外来での看護師の業務体制を調整する
      • (3)外来・病棟の救急患者の受け入れ体制を確立する
  • 2. 信頼される安全で質の高い看護を提供する
    • 1) エビデンスに基づいた看護の提供
      • (1)教育プログラムにそった研修を通じて修得する
      • (2)研修で履修した知識を臨床での看護で実践する
      • (3)OJTとOFFJTを臨床現場でリンクさせ現任教育に繋げる
    • 2) 看護者の倫理綱領を基盤とした責任ある看護を提供する
      • (1)実務Ⅴ研修で学んだことを臨床現場に還元する
    • 3) 学生の受け入れと実習指導体制の支援
    • 4) 医療安全の推進
      • (1)ヒヤリハット事例の報告体制を徹底する
      • (2)医療安全管理対策に関する教育・研修への支援
  • 3. 看護職員が誇りを持って生き生き働ける勤務環境改善に努める。
    • 1) 定められた勤務時間の中で、休憩・休息時間がとれ、超過勤務が減少できるような調整や声かけができる
    • 2) しなやかな心と人間関係の中で良い職場風土を構築する
      • (1)接遇の徹底 挨拶の励行(職員間・患者・家族・来院者)
ページ上部へ