ホーム > 診療科のご案内 > 消化器内科

診療科

消化器内科

消化器病学会と日本肝臓学会の認定施設として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓を主とした消化器疾患の診断と治療を行っています。

対象疾患・症状

食道炎、胃食道逆流症、食道潰瘍、食道癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、急性腸炎、胃癌、
大腸癌、イレウス、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、出血性大腸炎、腸結核、大腸憩空炎、
脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、非アルコール性脂肪性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、
自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肝膿瘍、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、胆嚢炎、
胆石症、胆道癌、総胆管結石など

主な症状

  • お腹が痛い(腹痛)
  • 胸焼けがする
  • 食欲がない
  • 血便が出る
  • 便秘である
  • 体重が減少する
  • 尿が褐色である
  • お腹が膨れる
    など
  • むかつきがある(嘔気)
  • 食物がつかえる
  • 血を吐いた
  • 黒い便が出る
  • 下痢が続く
  • 体が黄色くなる(黄疸)
  • 便が白っぽい

担当医

(職名)医師名 経歴
(統括診療部長)
久保 義一
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医・専門医
日本内科学会指導医・認定医
(消化器内科医長)
(糖尿病内科医長)
山内 一彦
日本消化器病学会認定指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医・専門医
日本肝臓学会認定指導医・専門医
日本内科学会認定指導医・専門医
日本糖尿病学会認定指導医・専門医
日本病態栄養学会認定指導医・専門医
日本医師会認定産業医
(消化器内科医師)
廣岡 可奈
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会認定医
(消化器内科医師)
武智 俊治
日本消化器病学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会指導医・認定医
(消化器内科医師)
大藏 いずみ
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本医師会認定産業医

今後の取り組み方針

  • 内視鏡を利用した前癌病変、早期癌や外科的治療の困難な症例などに対し、Polypectomy、EMR、ESD、レーザー治療
  • 消化管出血に対する内視鏡的止血、肝硬変患者様の食道静脈瘤硬化療法、内視鏡的食道静脈瘤結紮術
  • 肝胆膵疾患では、ウイルス性肝炎を初めとする慢性肝炎の診断と経口薬(DAAsなど)やインターフェロン治療、肝硬変、肝不全患者様に対する肝庇護療法、また肝細胞癌に対するエコー下肝生検(USGLB)による診断、ラジオ波療法(RFA)、エタノール注入(PEIT)や塞栓術(TAE)などの非観血的治療
  • 胆膵疾患ではERCP,EST.ERBDなどによる、胆石、胆嚢炎、胆管炎、胆膵悪性腫瘍の診断、内視鏡的治療やPTCD等、糖尿病では近年の薬の進歩に伴う新しい治療方法を取り入れ、合併症の予防や早期発見・治療に努めています。
ページ上部へ