ホーム > 診療科のご案内 > 循環器内科

診療科

循環器内科

心臓を主とした循環器疾患の診断と治療。
当院は日本循環器学会より認定研修施設(1990-)の指定を受け、厚生労働省よりは国立病院機構の循環器専門病院としての役割を担っています。

対象疾患・症状

心臓疾患(虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、不整脈、心筋症、心臓弁膜症など)、大動脈、
末梢動脈、脳血管疾患などを含む血管疾患、高血圧症、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、メタボリック症候群(肥満)など

主な症状

  • 安静時の胸が締めつけられるような胸痛
  • 運動時の胸痛(運動時の首から下あごにかけての痛み)
  • 脈が乱れる(運動していないのに急に脈が早くなる、脈のリズムがバラバラになる、脈が飛ぶ)
  • 階段昇降時の息切れ
  • 急に意識を失う発作を起こした
  • 夜、横になって寝ると息苦しくなる
  • 健康診断で心臓の雑音や心電図異常を指摘された
  • 胸部レントゲン写真で心臓が大きいと言われた
    など

担当医

(職名)医師名 経歴
(院長)
岩田 猛
日本内科学会認定専門医・指導医
日本循環器学会認定専門医・日本高血圧学会認定専門医
日本老年医学会認定専門医
(循環器内科医長)
舩田 淳一
日本内科学会認定医・指導医
日本循環器学会認定専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医(名誉専門医)
(循環器内科医師)
泉 直樹
日本内科学会認定専門医・指導医
日本循環器学会認定専門医

その他(取組など)

  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)に対する冠動脈インターベンション治療(PCI)・薬物療法や心不全の生命予後を改善する治療およびその評価において業績をあげ、地域への貢献を目指しています。
  • 病診連携に力を入れており、東温市のみならず周辺地区よりの紹介や他院で心疾患を指摘された患者様からのセカンドオピニオン的な相談を受けてます。
  • 開業医さんとの連携を密にしていく目的で、直通Fax、電子メールを設け、地域の開業医さんからの循環器領域の各種疾患の相談等に関して、気軽な相談に応じれるように取り組んでいます。
  • 多職種(医師、看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士など)がそれぞれの専門分野を担当して心臓病患者様の指導・治療にあたる、包括的心臓リハビリテーションを行っています。
  • 国立病院機構循環器共同研究グループで行っている臨床研究に参加し、循環器疾患領域における臨床医療の発展に貢献しています。
ページ上部へ