お知らせ

ホーム > 病院の概要

理念

私たちは,信頼される医療の提供と働きがいのある病院を目指します。

理念

院長挨拶

愛媛医療センター 院長 岩田 猛
愛媛医療センター 院長 岩田 猛

国立病院機構愛媛医療センターのホームページにアクセスして頂き有り難うございます。当院は平成25年に病院名を愛媛病院から愛媛医療センターに変更し、5階建ての新病棟(結核ユニット、神経難病病棟、ポストNICUを含んだ一般病床220床と手術室、リハビリテーション室、薬剤部)が完成しました。療養所時代の流れをくむ2階建の病棟群とは一線を画す大きな姿を新病棟は見せてくれています。平成26年には給食施設、食堂および職員更衣室・休憩室などのサービス棟が完成しました。平成28年4月からは松山圏域救急輪番体制に参入しました。医療情勢は厳しい面がありますが、職員一丸となって、当院の果たすべき医療の充実をはかる所存です。

当院の概況を説明します。当院は松山市郊外の東温市で松山市中心部より車で30分の所にあります。東には四国最高峰の石鎚山を望み、重信川沿いの環境豊かな所です。昭和14年に開院し、戦後は結核療養所としての役割を果たしてきましたが、現在では国立病院機構の病院として政策医療と地域医療の2本柱を使命としています。政策医療(民間では十分に担うことのできない医療)では神経難病、重症心身障害、結核の専門医療施設の役割です。さらに新病棟にはポストNICU病床を設け、障害をもった小児医療にも力を入れています。地域医療については東温市とその周辺地域の一般急性期病院ですが、平成28年4月からは松山圏域二次救急輪番病院としての役割も果たしています。診療科は、内科(呼吸器、消化器、循環器、神経、糖尿病)、外科(消化器、呼吸器)、整形外科、小児科(障害児医療)、放射線科、麻酔科の専門部門があります。糖尿病などの生活習慣病対策にも力をいれております。将来は機能回復センター(高次の呼吸リハビリ、循環器リハビリ、神経・筋肉疾患リハビリなど)を中心に高齢化社会に適合した機能の強化を図りたいと考えています。地理的に愛媛大学附属病院はすぐ隣にあり、医師の交流や患者さんの紹介も活発です。さらに医学部学生の教育や研修医の指導にも協力しています。二次救急輪番日には初期研修医にも地域研修として活躍してもらっています。また同じ国立病院機構の四国がんセンターも近い距離にあり協力関係が出来ています。
 病院理念では信頼される医療の提供と働きがいのある病院を掲げています。患者さんだけでなく、ご家族・地域の皆さん、そして他の医療施設から信頼される病院であるように努めています。また職員が互いに協力・理解してそれぞれが働きがいを持てる病院を目指しています。
 今後も政策医療としての慢性期医療ではその役割を堅持し、地域医療については救急体制でのさらなる貢献をめざしております。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

病院概要

名称 独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センター
所在地 〒791-0281 愛媛県東温市横河原366番地
管理者 岩田 猛
管理者略歴 昭和55年 愛媛大学卒
敷地面積 162,052㎡
建物面積 32,535㎡
病院沿革
  • 昭和13年11月25日 病床500床の軍事保護院傷痍軍人愛媛療養所として起工
  • 昭和14年01月20日 附属看護婦養成所併設
  • 昭和14年07月05日 第1回入所者25名を迎えて診療を開始
  • 昭和14年11月30日 開所式典挙行
  • 昭和20年12月01日 厚生労働省に移管され、国立愛媛療養所となる
  • 昭和22年04月01日 国立愛媛療養所出目分院併設
  • 昭和26年04月01日 国立愛媛療養所出目分院は国立出目療養所として分離独立
  • 昭和26年04月01日 県立翠松園吸収合併、病床1051床となる
  • 昭和49年04月01日 国立療養所愛媛病院に名称変更
  • 昭和56年04月 慢性呼吸器疾患・結核・肺ガン等の「胸部慢性呼吸器疾患地方基幹施設認定
  • 昭和59年04月 慢性肝疾患・専門外来
  • 平成16年04月 独立行政法人国立病院機構 愛媛病院に名称変更
  • 平成25年04月 独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センターに名称変更
学会認定
  • 日本内科学会認定の認定医制度教育関連病院
  • 日本呼吸器学会認定医制度認定施設
  • 日本循環器病学会指定の循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会認定研修関連施設
  • 日本気管支学会認定医認定施設
  • 日本超音波医学会専門医研修施設
  • 日本整形外科学会指定の認定医制度研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
  • 日本脈管学会研修関連施設
ページ上部へ